ボイストレーナーおおしまゆかこの【読む・話す・歌うレッスン】

良い声を出すための土台づくりからしっかりレッスンいたします!

ボイストレーニング読む・話す・歌うサブバナー

ホーム ≫ 発音・滑舌 ≫

発音・滑舌

「発音」と「滑舌」

あなたは「滑舌(かつぜつ)」という言葉をどう理解していますか?

同じように「発音(はつおん)」という言葉をどう理解していますか?
 
「滑舌」という言葉からは「日本語を淀みなく、明瞭に話すこと」をイメージされ、「発音」という言葉からは「外国語を発すること」をイメージされるのではないかと思います。

 

母国語が日本語の方で、日本語を話すことについて「私は滑舌が悪いのです」と言う方はいても、「私は発音が悪いのです」と言う方はほとんどいません。

 

母国語が日本語の方は、日本語を発することを「発音」と捉えていません。日本語を発することが当然のことだからです。

 

しかし、私は敢えて「発音」と記します。

 

母国語が日本語の方は、日本語を当たり前に聞けるし、話せるので、日本語の音をかなりいい加減に聞いて、いい加減に発しています。

 

「日本語を淀みなく、明瞭に話す」ためには「日本語を発音している」という自覚をもつこと、日本語の音を意識的に聴いて、意識的に発することが大切です。

発音・滑舌はどなたでも改善できます

発音・滑舌はどなたでも改善できます。現在、滑舌が悪くても、諦めることはありません。

 

「滑舌が悪い」状態というのは、大きく分けて、2つのパターンがあります。

 

1.発音の仕方が間違っている。舌の間違ったフォームを身に付けてしまった状態。

2.発音の仕方は間違っていないが、舌全体に適度な緊張と筋力がない状態。

 

アナウンススクール・声優養成所・劇団などで行われている「発音」のトレーニングを、1や2の状態の方が行っても、発音は改善しません。

 

間違ったフォームで幾ら練習しても、発音は良くならないからです。間違ったフォームを正すことが大切です。

滑舌レッスンの流れ

私の滑舌レッスンは、下記の順番で行っています。

 

1.発音をチェック

五十音を発音して貰い、発音が悪くなっている原因はどこにあるのか、チェックします。

 

2.発音が悪くなる7つの原因

発音が悪くなる主な原因を7つに分類しています。1のチェックを踏まえ、受講者に該当するものを中心に説明します。

 

3.個別の発音について

苦手な方が多い「サ行」「タダナラ行」などの発音の仕方、母音の口の開き方、標準語の「母音の無声化」など、個別の発音について、説明します。

 

4.発音改善の3つのステップ

発音を改善する段階は3つあります。発音をどのように良くしていくのか説明します。

 

5.発音練習4つの掟

今後、発音練習をする際に、必ず守ってほしい4つの掟を説明します。

 

6.発音練習文の音読

発音練習に最適な練習文を紹介します。受講者にはその場で音読して貰い、アドバイスを行います。
 

発音・滑舌レッスンについて

発音・滑舌のレッスンをご希望の方は、以下のレッスンにお申し込みください。

 

プライベートレッスンの場合

対面レッスン(岐阜県岐阜市で実施しています)
スカイプレッスン(遠方にお住まいの方)

 

グループレッスンの場合

「1day滑舌レッスン」
少人数で実施しています。全国各地で実施しますので、ご希望の方は「レッスンのお申し込みフォーム」より、リクエストをお寄せください。

 

詳しくは「レッスン形態」のページをご覧ください。

Q&A①顎・歯・舌の形状にハンディがあります。それでも発音は良くなりますか?

はい、良くなります。ハンディの状態によっては、完璧に発音するのは難しいでしょう。しかし、これまでの発音より良くすることは必ずできます。

 

ハンディのせいで、どうしてもできないポイントがあれば、ぜひご相談ください。ハンディがあっても解決策を見出すこともできると考えます。

 

なお、「舌足らず」という言葉がありますが、「舌足らずです」「舌が短いのです」と相談を受けたケースのほとんどが、舌の長さに問題はありませんでした。

 

舌先を上歯の歯茎に当てることができない、当てるのが痛い方は、舌が短いと言えると思いますが、そうでなければ、舌の長さに問題はありません。

Q&A②子供の発音の悪さに悩んでいます。子供の発音は良くなりますか?

はい、良くなります。5~6歳の未就学児でも改善します。

 

ただし、本人に「発音が悪い」という自覚があって「発音を良くしたい」と思っていることが大切です。勉強する意欲のない子供に無理やり勉強をさせようとしても、あまり身にならないのと同じです。

 

親は子供と一緒に学ぼうとする姿勢が大切です。発音の悩みを抱えたまま大人になり、消極的な人生の選択をしなくて済むように、導いてあげて貰えればと思います。

Q&A③オススメの発音練習文はありますか?

レッスンでは、幾つかの発音練習文を紹介していますが、あとはお好きな文章の音読をして貰えれば十分だと考えます。

 

「滑舌練習」で用いられることの多いものに「あめんぼ赤いな あいうえお」で始まる北原白秋の「五十音」というタイトルの詩や、「外郎売(ういろううり)」という歌舞伎の演目のセリフなどがあります。

 

こういったものを、私はおススメしていません。

 

理由は、節が付きやすい文章のため、「一音一拍で発音する」ということを疎かにしがちであること、また外郎売などに出てくる早口言葉は難しいものも多いため、モチベーションの高い方でないと、挫折しやすいからです。

 

ですので、あなたが好きな文章や、プレゼン・スピーチ・司会などの原稿を音読する方が、身になると思います。

Q&A④日本語教師をしています。どのように発音指導したらよいでしょうか。

受講生の母国語によって、様々なケースがあると思いますので、個別のことについては述べられませんが、正しい音・美しい音で発音された日本語の音声を大量に聞いてもらい、日本語の音を聞き取れるようになってもらうことが大切です。「耳を肥やす」ということです。

 

そして、日本語教師であるご自身が、正しい音・美しい音でレクチャーなさってください。

Q&A⑤教師をしています。子供たちに発音をどう教えたらよいでしょうか?

私は相手が子供でも、大人と同じポイントを伝えています。そして、滑舌を良くしたいと思っている子供であれば、5~6歳でも理解してくれます。

 

まずは、子供たちに、絵本を用いて音読の楽しさを感じて貰うようにすると良いと思います。

 

その上で、こうするともっと楽しく、もっと上手に音読できるよと、発音のアドバイスをなさってみてください。

Q&A⑥歌唱に取り組んでいます。話す場合と発音の仕方は同じですか?

厳密に言うと、異なります。

 

もちろん、同じ日本語ですので、基本的には同じですが、歌唱の場合は子音を誇張します。そうしないと、聴き手に伝わりにくいからです。

 

私が歌う場合ですが、読む・話す上での滑舌指導では「ダメです」とお伝えしていることを、歌唱の場合では意図的に行います。

 

例えば、サ行の摩擦音は強くします。「シ」の発音の時には、子音を誇張するために、舌先をホームポジション(舌の基本ポジションのことを私はホームポジションと呼んでいます)から少し浮かせます。

 

また、正しく、美しく発音するためには、舌の状態は適度に緊張している必要があります。その状態を「谷」と呼んでいますが、歌唱の場合は奥舌の力が抜けている方が良い発声ができるため、意図的に「山」にします。歌手の方で「滑舌が悪い」方が多いのは、そのような理由からです。

 

話すことと、歌うことは、別物なのです。

 

歌うことを優先される場合は、読む・話す時の「滑舌が悪い」ことは諦めてもよいと思います。

 

読む・話すことも、歌うことも、両方レベルアップしたい方は、舌の力を抜いたり、入れたりできるようにし、発音の仕方を自在にコントロールできるとよいと思います。